Top > ダイエット > 炭水化物を減らしてもダイエットは成功しない!

炭水化物を減らしてもダイエットは成功しない!

今は、いろいろな手法のダイエットが氾濫している状態ですが、間違った手法や詐欺のようなダイエット法も多く存在し、痩せられないだけでなく健康や美容にまで悪影響を及ぼしてしまうものも少なくありません。

そんな中、炭水化物ダイエットやローカーボダイエットなどという手法が一時的ですが話題になりました。

このような炭水化物を一切摂らないというこのダイエット法は、もちろん間違った手法で健康や美容を害したり、何らかの支障をきたす恐れがありますので、十分に注意が必要です。

炭水化物は、三大栄養素と呼ばれている脂質・たんぱく質・糖質の中の一つの糖質のことで、白米やパン、麺類なども代表的な炭水化物の食品です。

この炭水化物は、体に吸収されるとブドウ糖に分解されて肝臓や筋肉、血糖などになります。

ブドウ糖は、脳などのエネルギーにもなるので、炭水化物の摂取量が少なくなると、集中力の低下を招き、さらに、肝機能の低下、疲れやすくなるなど、日常生活に何らかの支障をきたす原因になります。

実際に、よく炭水化物を減らしても痩せられないという声を聞きますが、必要な栄養素を摂取しないと体はエネルギー不足になって、逆に、体脂肪を燃焼するエネルギーもなくなり、痩せることが難しくなってしまいます。

ちなみに、炭水化物は、ビタミンB1、ビタミンB2を同時に摂取すると、糖質がエネルギーに変わりやすくなります。

食べた物を効率よく消化させてエネルギーとして代謝させるには、ビタミン類やミネラルなど、さまざまな栄養素をバランス良く摂取しなければなりません。

ですから、炭水化物だけを減らしても痩せられないし、また、無理な食事制限をすれば、完全に栄養が不足したり、偏ったりしてしまって痩せるどころか、逆に、危険な状態に陥ってしまいます。

炭水化物は、当然、摂り過ぎれば太る原因になりますが、バランスの良い栄養素と組み合わせれば、スムーズに代謝することができて、ダイエットの効果が高まります。

また、ダイエットに効果的な食べ方として、ごはんやパンなどを食べる時は、できるだけゆっくりと何回も噛んで食べることで、血糖値の上昇が抑えられて脂肪の蓄積を防ぐことにつながり、さらに、時間をかけて食べることで、脳の満腹中枢が働いて食欲にブレーキがかかります。

http://www.higashinokaze.com/

ダイエットを始めようと思った時、まずは、流行のダイエットに影響されないように注意し、できれば自分自身でダイエットの基本を学ぶように心掛けましょう。

そして、自分が無理なく行える正しいダイエット法を見つけましょう。

 

 

ダイエット

関連エントリー
炭水化物を減らしてもダイエットは成功しない!